株式会社点鬼堂

生活保護の方のご葬儀(福祉葬)

困窮する生活保護受給者のかたは、国が定める生活保護法(下記引用文参照)により、市からの葬祭扶助が受けられる可能性があります。申請が認められれば、葬祭扶助(葬祭費)の範囲内で自己負担なしでご葬儀を執り行うことが可能です。

(葬祭扶助)

第十八条 葬祭扶助は、困窮のため最低限度の生活を維持することのできない者に対して、左に掲げる事項の範囲内において行われる。

  • 一 検案
  • 二 死体の運搬
  • 三 火葬又は埋葬
  • 四 納骨その他葬祭のために必要なもの

2 左に掲げる場合において、その葬祭を行う者があるときは、その者に対して、前項各号の葬祭扶助を行うことができる。

  • 一 被保護者が死亡した場合において、その者の葬祭を行う扶養義務者がないとき。
  • 二 死者に対しその葬祭を行う扶養義務者がない場合において、その遺留した金品で、葬祭を行うに必要な費用を満たすことのできないとき。
生活保護法第18条から引用

葬祭扶助が認められるケースと福祉葬の取り扱い内容

葬祭扶助は、葬儀を執り行う施主様(ご遺族)が生活保護受給者であることが前提となります。故人様ではありませんのでご注意ください。また審査があり、必ずしも申請が認められるというわけではないようです。慌てないためにも、事前に市の担当者に相談しておくのも大切です。また福祉葬の取り扱い内容は、基本的には必要最低限の火葬のみのお葬式となります。お客様によってご事情は様々です。ご相談にのりますのでご安心ください。

ご逝去を迎えられたら

ひとまず点鬼堂にご連絡ください。お迎えの寝台車の手配など、適切に進めさせていただきます。まずは葬祭扶助の確認をさせていただき、その後福祉葬を執り行うにあたっての火葬の手続きと死亡届提出は弊社が代行いたしますのでご安心ください。

昭和10年創業
株式会社点鬼堂

営業地域:伊丹市 阪神間 北摂地域

24時間対応 年中無休
TEL.072-770-0042

電話をかける

ご依頼・お問い合わせ