株式会社点鬼堂

ご葬儀の事前準備について

やり直しのきかない葬儀。サービス・費用面など納得のいく葬儀を執り行うには、事前に準備する事が非常に大切です。事前準備によって、いざという時の混乱を防ぎ、無駄な出費を抑えることが出来ます。ここでは万が一の時に備えて、葬儀の事前の備えについて説明します。

1.どんなお葬式にする(なりそう)のか考える

まずは具体的に考えてみます。

  • 家の宗旨の確認(○○宗等)
  • どこで葬儀を執り行うのか(葬儀会館・自宅・集会所等)
  • 実際、どれくらいの規模になりそうなのか(大規模になりそう・家族葬にする等)
  • 予算の決定

お葬式について具体的に考えてみることが重要です。葬儀は不幸事なので考えるのもためらってしまいますが、事前に考えを家族でまとめておくと、いざという時に慌てないで済みます。

2.葬儀について知る

宗教的な専門知識は、葬儀社にその都度聞けば良いですが、ここでの「知る」とはお葬式のおおまかな流れ(通夜の日・葬儀の日で行なう事)と主に費用面の内訳です。

お葬式のおおまかな流れはお葬式の流れをご覧下さい。

葬儀の費用(内訳)
  • 葬儀基本料金(セットプランが有ればプラン料金)
  • 追加料金(基本料金等に含まれていないもので必要となるものや、別途のオプション費用)
  • 飲食接待費用(通夜振る舞いや精進落とし等)
  • 供養品費用(通夜・葬儀で参列者に渡す供養品)
  • 式場の費用(葬儀会館・寺院・集会所等の会館使用料)
  • 火葬料金
  • 宗教者御礼(お布施)
  • その他の出費(軽食代等のちょっとした出費)

上記の項目を全て合計した金額がお葬式にかかる費用となります。葬儀のおおまかな内容(流れ・費用面等)を知っておくと葬儀社の比較に役立ちます。

3.葬儀社(市内の数社)に事前相談に行く

例えばあなたは新しい靴が欲しくなったとして、あなたの住む近くには3軒の靴屋さんがあったとします。その時あなたはどうしますか?時間があるなら、3軒全ての靴屋さんに行ってみて、一番手頃で気に入った靴が置いてあった靴屋さんで買うはずです。当たり前の事ですが。

この当たり前の事が、なぜか葬儀の事になるとほとんどの方が出来ていないのです。もちろん突然のご不幸であれば、難しいのは当然ですが、そうでは無くて時間があるなら、事前に調べるべきではないでしょうか?

料金体系・設備面・サービス内容等は葬儀社によって異なります。数社に事前相談に行って説明を聞き、事前に見積書を書いてもらって、それを比べれば良いわけです。その時に相談してくれた担当者の接客態度から、どんな会社なのかを想像することもできます。事前見積もりにも応じてくれない葬儀社は問題外です。葬儀社に出向くことが難しい場合は電話等でも構いませんが、出来れば実際に出向いて、話しをする方が良いです。

葬儀社どうしを比較して意向に合う葬儀社を決める。同じような規模・内容のお葬式でも葬儀社によっては10万円、20万円と変わってきます。事前に調べておけば、無駄な出費を抑えることが出来ます。

4.準備するもの

具体的に必要なものなど準備しておくのであれば、以下のものがあります。

遺影写真の原稿になる写真

スナップ写真等を引き延ばして作製するので、比較的お顔が大きく写っているものが好ましいです。(背景や着ている服装はある程度修正出来ます)

ご家族の本籍地

死亡診断書(死体検案書)に、ご逝去された方及び届出人の本籍地を記入する欄がありますので、わからなければ調べておくと安心です。どうしてもわからなければ、死亡届提出の際に市役所サイドで調べてくれます。(葬儀社によって異なりますが、死亡届は葬儀社が代行するケースが多いです)

副葬品を考えてみる

副葬品とは故人と一緒に棺の中に納める物(入れてあげたい物)です。それと故人に着せてあげたい服等があれば決めておくといいです。

印鑑

死亡診断書(死体検案書)の届出人になる方の印鑑が必要です。スタンプ印(シャチハタ等)は不可。葬儀社が死亡届け代行の際、預かる場合が多いので預けても大丈夫な認めの印鑑が必要です。